治験バイトが見つかる”おすすめサイト”と活用法

求人サイト

治験バイトをアルバイト求人誌で探しても、見つけるのは難しいです。

治験は有償のボランティアなので求人誌には掲載されていないんですね。

なので治験を探すときは、治験モニターに特化したサイトを使いましょう。

安全性や求人数の多さで言うと、次の3つがおすすめです。

▼おすすめ治験サイト3選▼

サイト名特徴
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Qlife.png・全国で募集がある
・治験の種類が多い
参考⋙治験情報を見る
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: コーメディカルクラブ.png・関東や関西で募集がある
・案件を紹介してくれる
参考⋙治験情報を見る
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: クリニカル-ボランティアサポート.png・特定疾患のモニターもある
・健康な人も美容案件がある
参考⋙治験情報を見る

最初はどれか1つのサイトに登録すればOK。

定期的にサイトをチェックして、興味がある治験に応募していきます。

応募すれば必ず採用されるわけではないので、不採用になっても落ち込む必要はありません。

もし希望している治験がないなら、複数の治験サイトに登録して探していきましょう。

治験バイトのやり方

  1. 治験サイトに登録する
  2. 案件を選んで応募する
  3. 採用されるまで応募する

おすすめの治験サイトの特徴について

治験サイトを調べる

治験の応募を扱っているサイトはたくさんあります。

ただ治験サイトの中には、見るからに『怪しい』と思うものも。

なので登録する前には、安全性が高いサイトかを確かめましょう。

もし治験サイトを調べるのが面倒なら、以下の3サイトを使うのが無難。

▼おすすめ治験サイト3選▼

サイト名特徴
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Qlife.png・全国で募集がある
・治験の種類が多い
参考⋙治験情報を見る
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: コーメディカルクラブ.png・関東や関西で募集がある
・案件を紹介してくれる
参考⋙治験情報を見る
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: クリニカル-ボランティアサポート.png・特定疾患のモニターもある
・健康な人も美容案件がある
参考⋙治験情報を見る

3つのサイトともに、東京以外に住んでいても応募できるチャンスがあります。

さらにモニター数が多くて、運営年数が長く信頼できる治験サイトを選びました。

Qlife

国内最大級の規模なのが治験情報サイトの『Qlife』

初心者でも気軽に応募しやすい治験が多いのが特徴です。

薬だけでなく食品や化粧品の治験も扱っていて種類は豊富。

さらに通院型・入院型の両方を扱っているなど、希望する治験が見つかりやすいです。

ダイエットや乾燥肌など、普段の悩みが解決できる治験が見つかるかもしれませんよ。

公式サイト⋙治験サイト『Qlife』で治験を探す

コーメディカルクラブ

関東や関西の治験モニターを多く扱うコーメディカルクラブ。

新薬・サプリなど幅広く治験の案件を扱っています。

さらに会員登録をすると、自分に合った治験を教えてくれるという親切なサービスも。

花粉症などニッチな悩みで募集する案件もあるので、興味がある案件が見つかるかもしれませんよ。

公式サイト⋙治験サイト『コーメディカルクラブ』で案件を探す

クリニカルボランティアサポート

クリニカルボランティアサポート

クリニカルボランティアサポートは健康な人・疾患がある人の両方のモニターがあります。

健康食品やサプリなども扱っているし、全国対応なのでモニターの取り扱いの幅が広いのが特徴。

Qlifeやコーメディカルクラブでモニターがなければ、こちらの治験サイトでモニターを探してみましょう。

治験サイト⋙『クリニカルボランティアサポート』で案件を探す

▼おすすめ治験サイト3選▼

サイト名特徴
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Qlife.png・全国で募集がある
・治験の種類が多い
参考⋙治験情報を見る
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: コーメディカルクラブ.png・関東や関西で募集がある
・案件を紹介してくれる
参考⋙治験情報を見る
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: クリニカル-ボランティアサポート.png・特定疾患のモニターもある
・健康な人も美容案件がある
参考⋙治験情報を見る

治験サイトの効率的な利用方法

治験サイトを探す

治験は募集がある時期もランダムだし、応募すれば必ず採用される保証もありません。

なので基本的には他にアルバイトをしながら、掛け持ちとして治験に取り組むのがおすすめ。

アルバイトを固定収入にして治験を臨時収入にするといったイメージですね。

また採用されたいからと、応募時に嘘をつくのは危険です。

例えばアレルギーがあるのに『ない』と答えたり、持病があるのに『病歴なし』と答えるなど。

新薬の副作用で体に悪い影響が出る可能性もあります。

なので嘘はつかずに、採用されるまで素直に応募を続けた方があなたのためです。

もし採用されない場合は、複数の治験サイトに登録して応募回数を増やしましょう。

応募回数を増やせば、採用される可能性も高くなりますよ。

治験バイトの活用法

  • アルバイトと掛け持ちするのが良い
  • 採用されたいからと嘘をつくのは危険
  • 治験がしたいなら複数サイトを利用して応募回数を増やす

治験サイトは運要素が多い!臨時収入として考えよう

治験サイト

治験バイトは確かにコスパ最強レベルの稼ぎ方と言えます。

新薬や新商品を試すだけで報酬がもらえるのは楽。

でもだからこそ治験サイトの登録者数や応募数も多いので、採用率は下がります。

もし固定収入が欲しいならアルバイトの方が理想的。

あくまで治験サイトは空いた日を利用して応募し、臨時収入を目的とした方がいいですね。

▼おすすめ治験サイト3選▼

サイト名特徴
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Qlife.png・全国で募集がある
・治験の種類が多い
参考⋙治験情報を見る
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: コーメディカルクラブ.png・関東や関西で募集がある
・案件を紹介してくれる
参考⋙治験情報を見る
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: クリニカル-ボランティアサポート.png・特定疾患のモニターもある
・健康な人も美容案件がある
参考⋙治験情報を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました