19歳のフリーターがバイトするときの注意点!将来を見据えた高卒フリーターのバイト選び

フリーターとアルバイト

未成年のフリーターがバイトするときは、悩みがたくさんありますよね。

将来を考えたり、アルバイトする時間帯や税金など、わからないことが多いはず。

そこで今回は『19歳の高卒フリーター向けのバイト選び』についてお話しします。

  1. 未成年でアルバイトを始めるときの注意点
  2. 高卒フリーター向けのバイト

この2つを知れば、現状を抜け出すためのバイト探しができます。

働き始めてから後悔しないように、まずはフリーターとして働く疑問について考えていきましょう。

スポンサーリンク

19歳のフリーターがバイトをするときの疑問と答え

まずは19歳という立場でアルバイトをするときの疑問についてお答えします。

  1. フリーターとして働くことについて
  2. 未成年がバイトして良い時間帯
  3. 稼ぎ過ぎると税金がかかる

この3つの疑問について見ていきましょう。

① 19歳でバイトしたことないのは変ではない!ただ将来は意識しておく

カフェでアルバイト

結論から言うと19歳という年齢でフリーターなのは珍しいことではありません。

2020年に実施された調査によるとフリーターは全国で約136万人ほど。

少数派かもしれませんが、それでも130万人以上の人がフリーターとして働いています。

  • 大学や専門学校に行かないといけない
  • 正社員として働かなければいけない

これは世間の考え方であって、あなたに合っているとは限りません。

ただ年を取るごとに就職しづらくなるということは覚えておきましょう。

フリーターから正社員に移行する割合は20歳~24歳で32%。

ただ30歳を超えると18%となってしまいます。

どれくらいフリーターとして働くかの人生設計は立てておいた方が良いですね。

ちなみにアルバイトから正社員にステップアップする方法もあります。(詳しくは後でお話しします)

② 未成年の19歳フリーターは何時までバイトで着る?深夜もOK

カラオケのバイト

未成年でアルバイトをするとき、働ける時間帯についても疑問があるかもしれません。

法律では18歳未満なら22時から5時までは働くことはできませんでした。

ただ18歳以上なら問題なし。

さらに深夜バイトは時給がアップしたり、接客が暇でコスパが良いなどメリットも多いです。

学生や主婦だと働けないので、同世代のフリーターと一緒に働ける可能性も高いですよ。

③ 19歳のフリーターでも年収103万を超えると税金がかかる

1つ注意したいのが税金になります。

フリーターとして年収103万円を超えると、所得税を納めなければいけません。

さらに住民税も市区町村によって変わりますが、年収100万円ほどあれば納める可能性も出てきます。

年収100万円というのは月収で約8万ほど。

フリーターならバイトの掛け持ちもできますが、稼ぎ過ぎると税金がかかります。

余裕で年収100万円を超えるレベルなら多少は税金を払っても良いでしょう。

ただギリギリ年収100万円を超えるか超えないかで働くなら、超えないようにシフトを調整した方が手元にお金が残りますよ。

参考⋙フリーターがバイトを掛け持ちするときの働き方や税金について

  • 19歳のフリーターは珍しくない
  • 深夜などに働くこともできる
  • ただ年収100万円を超えると税金がかかる
スポンサーリンク

19歳の高卒フリーターのバイトにおすすめ

次は19歳のフリーター向けのアルバイトを見ていきます。

正社員になりたい場合や一人暮らしをしたい場合など、ケース別にお話ししていきますね。

① フリーターから正社員になりたい場合のバイト選び

バイト⇒就職へ

将来的に正社員になりたいなら、アルバイトを経由して正社員になる方法があります。

それが求人サイトに掲載されている『正社員登用のアルバイト求人』に応募すること。

最初はお試し期間としてアルバイトをして、その後にお互い納得すれば正社員になれる求人となっています。

これなら就職してから”仕事が合わなかった”と悩む心配はありません。

アルバイト期間を通して、仕事や職場が自分に向いているのかを確かめることができます。

もし求人サイトで探すときは、お祝い金がもらえるサイトを使うとお得。

例えば求人サイトのマッハバイトなら採用されたら、お祝い金5000円~1万円がもらえます。

同じ求人でも、別のサイトから応募したらお祝い金はもらえないので注意しましょう。

参考⋙マッハバイトで応募してお祝い金をもらう手順を確認

② 一人暮らしなどガッツリ稼ぎたいときのバイト選び

バイト×一人暮らし

正社員は希望していないがお金は欲しい

そんなときはガッツリと稼げるアルバイトを選ぶ必要があります。

週3日で1日3時間のシフトとかだと、いくら真面目に働いても稼げる額は増えません。

それよりフルタイムでアルバイトができる求人を探しましょう。

アルバイトの例

  • シフト自由のバイト…軽作業・コールセンター
  • 飲食店のバイト…居酒屋やチェーン店のスタッフ
  • 受付やレジ…カラオケ・コンビニ
  • 深夜のバイト…清掃・警備員

こういったバイトは長時間働く人材を求めています。

24時間開いているお店だとフリーターは重宝されますよ。

とくに深夜は人材が不足しやすく時給も高いので狙い目です。

参考⋙フリーターのバイトにおすすめ!向いてる職場の選び方

③ 将来を考えながらマイペースに働きたいときのバイト選び

週1からOKのバイト

アルバイト中心の生活は嫌だ

もっとマイペースに働きたいなら、シフトが少なめのバイトもあります。

求人サイトで『週1からOK』や『週1~2日歓迎』といった条件で調べてみましょう。

アルバイトの例

  • カフェスタッフ
  • アパレル
  • ホテルの受付
  • 宅配スタッフ
  • ファストフードの店員

人気で応募が殺到するお店だと、希望する出勤日が少ない場合は不採用になりやすいです。

個人経営のお店だったり、シフト自由のバイトなら、マイペースに働くことが可能。

職場にフリーターが多いバイトなら、友達や恋人などの出会いも期待できますよ。

参考⋙フリーターが多いバイトの特徴や探し方

④ 何か叶えない夢があるなら、夢に関連したバイトを選ぶ

1歩ずつ成長している

俳優やミュージシャン・声優や芸人など、何か夢があってフリーターを選んだ場合。

そんなときは少しでも夢に関連した仕事をしてみてはいかがでしょうか?

アルバイトの例

  • 俳優志望…エキストラ・モデル
  • 声優志望…YouTubeのナレーション
  • ミュージシャン…レコード店・イベントスタッフ

このように少しでも夢に近い業界で働くことはできます。

また短期バイトの中には少し変わった仕事もあるので、夢の手助けになるものがあるかもしれません。

参考⋙夢を追うフリーターが続けやすいバイト特集!

⑤ 外で仕事ができない19歳には在宅バイトがおすすめ

バイトをしてるけど、 もう少しだけ自由に使えるお金が欲しい。

外でアルバイトするのは嫌だ

そんなときは在宅バイトを検討してはいかがでしょうか?

在宅バイトなら人見知りや接客が嫌な人でも気軽に取り組めます。

アルバイトの例

在宅バイトは単価が安いので稼ぎやすいわけではありません。

ただ外で働きたくない場合や、バイトの掛け持ちはしたくないけど自由に使えるお金を増やしたいときにオススメ。

ちなみに在宅ワークの求人は、クラウドソーシングという専用のサイトの方がたくさん掲載されていますよ。

参考⋙初心者向けの案件が多いクラウドソーシング

19歳フリーターのバイト探し

  1. 正社員が希望⇒正社員登用のアルバイト求人
  2. 稼ぎたい⇒フルタイムや深夜のバイト
  3. マイペースがいい⇒シフト自由や”週1からOK”のバイト
  4. 夢がある⇒その業界の関連したバイト
  5. 外で働くのは嫌⇒在宅バイト
スポンサーリンク

19歳のフリーターは焦る必要はない!ただ就職先などの人生設計は必要

フリーターは全国で100万人以上いるので、そこまで焦ったり悩む必要はありません。

ただ『年齢を重ねるごとに就職が難しくなる』という現実は知っておきましょう。

フリーターとしていろんなアルバイトをして、興味がある仕事を見つけることができたら理想ですね。

仕事とも出会い、人とも出会えるアルバイトを上手に活用して、人生設計を立てていきましょう。

参考⋙女性のフリーターにおすすめできるアルバイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました