フリーター向けの在宅ワーク特集!”スキルなし未経験”でもOKの在宅バイト

フリーターとアルバイト

フリーターは在宅ワークとの相性が良いです。

働き方が自由なフリーターと、スキマ時間に取り組める在宅バイトは相性バッチリ。

長期バイトとの掛け持ちにも使えますし、スキルを身に着けて在宅だけで稼ぐことも可能です。

今回はそんな『フリーターと在宅ワーク』についてお話しします。

  1. 在宅ワークをやるメリット・デメリット
  2. フリーター向けの在宅ワークの始め方
  3. おすすめの在宅バイトの例

この3つのポイントを押さえれば、スキルや経験が不要で在宅バイトに取り組めます。

間違った選び方をすると激安単価で働かされたり、詐欺に遭う可能性もあるので注意しましょう。

スポンサーリンク

フリーターは在宅ワークもやるといい!在宅バイトのメリット

まずフリーターが在宅ワークに取り組むメリットを見ていきます。

次の3つのメリットに魅力を感じたら、在宅ワークを前向きに検討する価値がありますね。

① 働き方の自由度が高い

シフト自由

フリーターの特徴の1つに、働き方が自由な点があります。

時間帯・勤務地・労働期間など、自分の希望する働き方ができるからですね。

その自由な働き方を一切邪魔しないのが在宅ワークになります。

在宅ワークの仕事は家でできるし、ネット副業ならPCとスマホがあれば外でも仕事が可能。

カフェで仕事をすることもできるし、電車など移動中にスマホでサクッとお小遣い稼ぎもできます。

自由な働き方を邪魔しないのはフリーターと在宅ワークの相性が良い証拠ですね。

② 一般的なバイトの副業として掛け持ちしやすい

フリーターの掛け持ちバイトのおすすめ

一般的なアルバイトと掛け持ちしやすいのもメリットになります。

在宅バイトは取り組む内容や仕事量を自分で調節できるものが多いんですね。

なので他のアルバイトと掛け持ちしても、マイペースを崩さずに働くことができます。

金欠なときは少し在宅ワークを頑張って、お金に困ってないときは休業するなんてことも可能。

どの仕事をどれだけやるかを決められる在宅バイトは、掛け持ちにもピッタリです。

フリーター向けの一般的なバイトと、在宅ワークを両立させれば、一気に稼げるチャンスが増えますよ。

参考⇒フリーター向けのバイトとしておすすめ!自分にピッタリの職場の選び方

③ 在宅バイトは人間関係に悩まなくていい

バイト先の人間関係

接客バイトなどお客とのコミュニケーションが苦手な人にも在宅ワークはおすすめ。

対人関係のストレスがほぼ0なので、人間関係で悩むことがなくなります。

もちろんノルマを守ったり、真面目に仕事をしないと契約違反にはなるので注意。

ただ真面目に正確に仕事に取り組めば評価されるので、コミュ力に自信がないフリーターでも働きやすいんですね。

在宅ワークのメリット

  1. 働き方の自由度が高い
  2. 掛け持ちバイトとして始めやすい
  3. 人間関係のストレスがない
スポンサーリンク

フリーターが在宅ワークをやっていい?在宅バイトのデメリット

残念ながらフリーターが在宅ワークをやるデメリットも存在します。

次のデメリットが負担だと感じるなら、他の働き方も考えた方が良いかもしれません。

① 在宅バイトは最初は稼げない

金欠フリーター

在宅バイトは信用0の状態からスタートする歩合制の仕事です。

なので最初は単価が安い仕事から始まり、『働いているのに稼げない』という状態が続きます。

実際に在宅ワークに取り組む人の平均月収は以下の通り。

5万円以下が27%

・10万円~19万円が18%

・6万円~9万円が18%

引用元 厚生労働省の調査(2013年度)

なのでいきなり一般的なバイトと同じくらい稼げるような期待はしない方が良いです。

金欠を防ぐためにも、最初は短期バイトと掛け持ちして始めるのも良いですね。

最初は掛け持ちとしてスタートして、在宅ワークの単価が上がってきたら在宅に専念しましょう。

短期バイトなら面白いバイトなんかもあったりしますよ↓↓

参考⇒フリーター向けの少し変わったバイト特集

② PC・スマホがないと在宅バイトはキツイ

在宅ワークをする

在宅ワークの多くはPC作業が必要になります。

もちろんネット以外の在宅副業もありますが、それでもやりとりはスマホやPCが必須。

ネット以外の在宅ワークに絞ると、一気に選べる仕事も減るのがデメリットになります。

PCといっても、最低限の機能で使える5万円ほどの端末で十分。

最初はスマホやネット以外の在宅バイトに取り組んで、お金を貯めてPCを買うのも良いですよ。

③ 在宅バイトの単純作業に挫折する

パーツタレント

在宅ワークはマイペースに取り組めるのがメリット。

ただ周りの視線がない分だけ、一度怠けると、どんどん仕事ができなくなっていきます。

仕事をしなくても怒られることはないし、ダラダラと過ごしてしまいがち。

その状態が続くと金欠になって、外のバイトを再開するという流れに陥る人も多いです。

自分を甘やかさないタイプなら在宅ワークはおすすめ。

ただ誰かの目がないと怠けてしまう人には、在宅ワークは向いていないかもしれません。

在宅バイトのデメリット

  • 成果主義で歩合制なので最初は稼げない
  • PCがないと選べる仕事が限られる
  • 周りの視線がないので単純作業で飽きる
スポンサーリンク

フリーターの在宅ワークの始め方

在宅バイトを始めるときは、求人サイトでは見つけにくいです。

アルバイトの求人サイトは、飲食や接客など外で働く仕事を多く扱っているから。

なので在宅ワークを探しているなら、在宅ワーク専用の求人サイトを使いましょう。

例えばクラウドソーシングですね。

クラウドソーシングなら色んな在宅バイトを扱っているので、スキルや経験が不要のものも見つけやすいです。

まずはクラウドソーシングに無料登録して、チャレンジしたい仕事がないか探してみましょう。

参考⇒安全で求人数が多いクラウドソーシングを厳選してみた

フリーター向けの在宅ワークの例【ネット系×スキル不要な在宅バイト】

次は参考として具体的な在宅バイトについて見ていきます。

ネット系の在宅バイトの仕事内容についてお話しますね。

【アンケートモニター】スマホで手軽にお小遣い稼ぎ

アンケートで稼ぐ

スマホがあれば誰でもできるお小遣い稼ぎとして定番なのがアンケートモニター

アンケートに答えるだけでポイントが貯まり、そのポイントを現金や電子マネーに換金することができます。

メリットは日本語が読めれば誰でも取り組めること。

デメリットは単価が安いのでアンケートモニターだけでは稼げないんですね。

アンケートは簡単なものだと、1問数円~100円ほど。

たまに座談会やWebインタビューの依頼がきて、当選すれば時給数千円レベルの仕事がもらえます。

そこでオススメの使い方が、複数のアンケートモニターを掛け持ちするという方法。

複数のサイトに登録すれば、高単価のアンケートを効率的にこなすことことができます。

またアンケートモニターの手軽さを利用して、他の在宅ワークと両立させるのも良いですね。

気軽に取り組めていつでも辞められる。

そんなアンケートモニターを手軽さが最大のメリットになります。

参考⇒安全に稼ぎやすいアンケートモニターのおすすめ5選

【モニターバイト】美容モニターなど女性が取り組みやすい

モニターのアルバイト

アンケート以外にも、スマホだけで稼げるのがモニターバイト

飲食店やエステなどに覆面調査員として来店して、サービスを受ける仕事になります。

ポイント還元という形が多いですが、100%還元という実質無料で受けられる仕事もあります。

稼ぐというより、割引して飲食店で食べたり、サービスを受けるというイメージですね。

モニターに関してはエステ・飲食店・化粧品など女性向けの案件が多いです。

参考⋙女性フリーターのバイトに向いてる求人!

【データ入力】PCがあればスキルなしでOK

PCがあるならデータ入力から始めてみてはいかがでしょうか?

最低限のタイピングができればスキルや経験は不要で応募できます。

資料や名刺などのデータをWordやExcelに記入していく仕事が多いですね。

仕事に慣れていけばタイピング速度も速くなります。

タイピングが早くなれば、実質的な時給も上がって稼げるようになっていきますよ。

スキルや経験がないなら、まず最初はデータ入力の案件を探してみましょう。

【テープ起こし】タイピングに自信があるなら稼げる

データ入力のバイト

データ入力と同じくテープ起こしという在宅バイトも存在します。

セミナーや会議などの会話のやりとりを、文字入力して文章化していく仕事になります。

タイピング速度に自信があるなら、データ入力より稼ぎやすいですね。

仕事に慣れれば慣れるほど、短時間で仕事が終わるようになります。

【電話占い】悩み事を聞いて占う

電話占い

最近スマホの副業で稼げると話題の電話占い。

スキマ時間だけで月20万円稼いでいるOLや主婦の人もいます。

友達や家族には話せない内容のテーマを聞いて、その占いをするといったスタイル。

指名やリピーターで報酬が増えていきます。

もし占いが好きで知識があるなら検討してはいかがでしょうか?

【チャットレディ】男性と話すオンラインキャバクラなど

電話をするバイト

女性向けの在宅バイトとして、オンラインで男性と話す仕事もあります。

自粛期間に一部で流行ったオンラインキャバクラなどですね。

コミュニケーションに苦手意識がなくて、初月から稼ぎたいなら検討する価値はあります。

ただこういったバイトに抵抗があるなら無理に働く必要はありません。

先ほどのモニターやタイピングの仕事から始めてスキルを磨いていきましょう。

在宅バイトの例【ネット系】

  • アンケートモニター
  • モニターバイト
  • データ入力
  • テープ起こし
  • 電話占い
  • チャットレディ(オンラインキャバクラ)
スポンサーリンク

フリーター向けの在宅ワークの例【ネット以外の在宅バイト】

最後はネットを使わないオフラインの在宅バイトを紹介していきます。

ネットが苦手だったりPCがない場合は、こちらの在宅バイトも検討してみましょう。

【内職】シール貼りや梱包など

昔からある在宅バイトが内職になります。

シールやラベルを貼ったり、商品の組み立てや折り紙など作業が多いですね。

メリットはスキル不要なことですが、デメリットは単価が安いこと。

工場の軽作業バイトで似た仕事を時給制で続けた方が稼げます。

ただ在宅というスタイルにこだわるなら、内職も候補となりますね。

内職をしながらPCスキルを勉強するという方法ならオススメです。

【ハンドメイド】独立できる可能性あり

手先が器用ならハンドメイドも最近ニーズがあります。

最初は誰かに習って作っていき、固定客がついたらどんどん商品が売れるようになっていきます。

上手く軌道に乗せられれば、誰かを雇って商品を作ってもらうといった独立スタイルで稼ぐことも可能。

どの働き方を希望するかによりますが、勉強しながら稼ぎたいならハンドメイドも選択肢に入ります。

参考⋙人と関わらないバイトでフリーター向けの求人とは?

【ナレーション】YouTubeで需要が高まる

YouTuber

声に自信があるならナレーションの仕事も需要が高まっています。

それは個人がYouTube動画を作るようになったからですね。

アニメのアフレコやプレゼンのナレーションなど、YouTube動画の内容によって仕事は変わります。

声もキレイなだけではなく特徴的な人も有利ですね。

【治験】何もしないけどリスクはある

何もしないけど稼げるというなら治験も候補に挙がります。

サプリや薬の新薬を飲み、体の変化を記録していくだけ。

入院タイプと通院タイプがあり、通院タイプなら新薬を家で飲むだけなので手軽です。

薬を飲むことに抵抗がないなら前向きに検討したいですね。

治験は人気で、すぐ応募が埋まります。

なので今のうちに専門サイトに登録だけは済ませた方が良いですよ。

参考⇒取り扱いが多い治験サイトを選んでみた

【採点・家庭教師】学歴があれば採用されやすい

家庭教師のバイト

学歴があって有利なら、勉強を教えるという在宅バイトもあります。

例えばテストの採点だったり、家庭教師を行うという方法ですね。

自分の家で働きたいなら採点バイト。

他人の家に行くのに抵抗がないなら家庭教師がおすすめ。

家庭教師に関しては受験を目指している学生より、学校の勉強に追いつきたい学生が教えやすいです。

受験目的だと責任が重く、勉強を教える時間以外で自分で予習したり勉強する時間も多くなるので。

在宅バイト【ネット以外】

  • 内職
  • ハンドメイド
  • ナレーション
  • 治験
  • 採点・家庭教師など勉強系
スポンサーリンク

フリーター向けの在宅バイトは多い!

今回はフリーター向けの在宅バイトを紹介しました。

スキルや経験がなくても働ける在宅バイトはあります。

少しずつ仕事に慣れていけば実績ができて、効率化に稼ぎやすくもなりますよ。

たくさん求人を見て、『今すぐできそうなもの・将来的にやりたいもの』を探しましょう。

やはり単価が高い仕事は専門スキルや実績が必要なので、最終的にはそこを目指したいですね。

上手くいけばそのまま正社員レベルまで稼ぐこともできるのが在宅ワークの魅力でもありますし。

もちろん在宅バイトをお小遣い稼ぎとして、長期バイトで稼ぐという選択肢でもOKです。

参考⇒フリーターが多いバイトの見つけ方を紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました