高校がバイトを禁止する理由はおかしい?バイト禁止でお金を稼ぎたいときの方法

高校生とアルバイト

高校では今でも校則で、バイトを禁止している学校があります。

確かにアルバイトを優先して、勉強をしなかったり授業を休むのはいけないこと。

でも高校生活や友達との思い出を作るために、お金が必要なときもありますよね。

そこで今回は『高校でバイトが禁止される理由や対策』について考えていきましょう。

  1. 高校がバイトを禁止する理由
  2. 校則でバイト禁止されたときの解決案
  3. 金欠時もやってはいけないNG行動

バイトをしなくても、自由に使えるお金を増やすことはできます。

親や学校に許可をもらう選択肢も踏まえて、お金の稼ぎ方を見ていきますね。

高校でバイトを禁止するワケ!おかしい理由はない

なぜ高校側は、校則でバイトを禁止するのでしょうか。

考えられる理由は次の3つです。

バイトを禁止する理由① 学業への影響

勉強に追われる高校生

1つ目はアルバイトをすることで、成績が下がると思っているパターン。

バイト時間が増えれば、それだけ勉強時間が減るはず。

成績が下がれば進学率が下がり、学校の評判も落ちると考えているんです。

また成績に関しては学校側だけでなく、親側からの圧力があるケースもあります。

親世代が『良い大学に行ってほしい』という思いから、PTAなどの要望でバイトを禁止するなど。

なので今後バイトを許可してもらうときも、『勉強を頑張る』という条件は必要となります。

バイトを禁止する理由② 部活への影響

部活とバイトの両立

2つ目はアルバイトをすることで、部活動に悪い影響が出ると考えているパターン。

高校生が平日にバイトをするとなると、授業終わりからになります。

さらに土日も出勤する必要があると、部活との両立が難しくなります。

参考⋙高校生ってバイトは何時から何時までできる?

部活動で上位の成績を残すことは、学校側としては名前を広めるチャンスでもあります。

また文武両道をモットーに、部活への入部を必須にしている高校もありますよね。

こういった学校はバイトを禁止することで、部活に励んでほしいと考えているんです。

バイトを禁止する理由③ 治安の問題

危険な地域でバイト

3つ目の理由が、生徒に危険が及ぶ可能性があるというもの。

学校内では自分たちが見守っていれば、危険な目に遭うリスクは減ります。

ただ学校終わりに生徒がバイトをすれば、先生は生徒たちを守れなくなるんですね。

最近は怖いニュースが多いですし、バイト終わりに事件に巻き込まれる可能性も0ではありません。

このように生徒が危険な目に遭うリスクを減らしたくて、バイトを禁止する学校もあります。

校則でバイトを禁止する理由

  1. 学業への影響が出るから
  2. 部活への影響が出るから
  3. 生徒が危険な目に遭うリスクがあるから

高校がバイト禁止しているときのお金の稼ぎ方

バイトを禁止されているとき、どのようにお金を稼げばいいのでしょうか。

『バイトで稼ぐ・バイト以外で稼ぐ』の両方のパターンを考えてみました。

① 学校にバイトの許可をもらう

学校の先生に相談する学生

まず最初に検討したいのが、学校にバイトする許可をもらえないかということ。

高校によっては、一部の学生にバイトをする許可を出す場合もあります。

許可をもらう手順は以下の通りです。

バイトをする許可をもらう手順

  1. 親・保護者の許可をもらう
  2. 学校の許可をもらう
  3. バイト先にも同意書・許可書を提出

まずは親にバイトをする許可をもらいます。

成績を下げないことを約束すると許可がもらいやすいです。

一方で学校側には『学費のため』という理由が許可をもらいやすいはず。

あくまで学校生活には影響がでない範囲で働くことをアピールしましょう。

参考⋙高校生におすすめのバイト特集!初めてでも働きやすい

② 自宅バイトでお小遣いを増やしてもらう

家のお手伝いをしてお小遣いをもらう

バイトの許可をもらえそうにないなら、別の方法で稼ぐことを考えましょう。

最初に検討したいのが、親に交渉して『お小遣いUP』できないかです。

家事を手伝ったり、成績を上げることで、お小遣いを増やしてもらえないか交渉してみましょう。

お小遣いUPの条件

  • 自宅の家事を手伝う
  • 弟や妹の家庭教師をする
  • 勉強をして成績を上げる

このように家でお小遣いを増やせる可能性もあります。

最初は働くことではなく、お小遣いを増やせないかを考えましょう。

③ スマホでアンケートに答えて稼ぐ

アンケートでお小遣い稼ぎ

バイト以外でも自由に使えるお金を増やす方法はあります。

高校生が取り組みやすいもので言うとアンケートモニター。

アンケートに答えるとポイントをもらい、そのポイントを現金や電子マネーに交換します。

アルバイトと比べると、稼げる額は少なめ。

ただ複数のアンケートサイトに登録すれば、月数千円は稼げますよ。

参考⋙安全で稼ぎやすいアンケートモニター5選

④ ポイントサイトでポイ活して稼ぐ

ポイ活で稼ぐ

ポイ活はアンケートモニターだけではありません。

高校生でも取り組めるのがポイントサイト。

ポイントサイト内にあるゲームや案件を達成してポイントを獲得。

そのポイントも現金や電子マネー・ギフト券に交換することができます。

ポイントサイトの例

  • モッピー
  • ハピタス
  • ポイントタウン

スマホがあれば、アプリでコツコツとポイ活が可能。

先ほどのアンケートモニターと組み合わせて使うことをおすすめします。

⑤ 懸賞・抽選に応募する

お金を支払わずに、欲しいモノをお得に手に入る可能性があります。

それが懸賞や抽選に応募するという方法。

懸賞アプリや、Twitterのキャンペーンに参加して当選を狙います。

当選確率は低いですが、もし当選したらお得な商品をゲットできますよね。

確かに懸賞は『お金を稼ぐ』というのとは少し違います。

ただ以前から欲しかったものが懸賞や抽選にあったら、迷わず参加すると良いですよ。

Twitterも懸賞用の別アカを作っておくのがオススメ。

先ほどのアンケートモニターやポイントサイトと組み合わせて使います。

⑥ メルカリを活用する

メルカリでお小遣い稼ぎ

家にある不用品が、メルカリなら高値で売れるかもしれません。

教科書など不要になったものを、メルカリで検索してみましょう。

古本屋では買い取ってもらえないものも、メルカリでなら売れる可能性があります。

商品名で検索して過去に売られて販売されているなら、その商品にはニーズがあります。

今ならローソンなどコンビニで商品を送れるようになっていますよ。

またメルカリは、欲しいモノを安く手に入れるためにも使えます。

買う時も手放すときもフリマアプリを使うことで、コスパの良い生活が送れます。

バイト禁止されたときの対処法

  1. 親と学校からバイトの許可をもらえないか交渉
  2. 親にお小遣いを増やしてもらえないか交渉
  3. アンケートモニターでポイ活
  4. ポイントサイトでポイ活
  5. 懸賞アプリで抽選に参加する
  6. メルカリでコスパ良く生活する

バイト禁止の高校でのNG行動!ヤバい危険行為

最後はバイトが禁止されて金欠なときも、やってはいけないNG行動について。

高校生で次の3つの行動をするのはリスクがあります。

① 学校に隠れてバレないようにバイトする

バレないキッチンバイト

禁止されているにも関わらず、秘密でバイトをするのはリスキーです。

バレたら反省文などを書かされたり、進学にも影響が出るかもしれません。

学校によっては退学まではいかなくても、停学はありえます。

今はSNSもあって、バイトをすると情報が漏れやすい状況です。

バレてバイトに行けなくなったら、職場にも迷惑をかけるので辞めましょう。

② 学生間のお金の貸し借り

お金を借りる

金欠だからと、誰かにお金を借りるのもダメ。

お金の貸し借りは、例え親族であってもデリケートな問題です。

友達や同級生と貸し借りをすれば、そこから関係にヒビが入ることだってあります。

③ 闇バイト・詐欺バイトをする

世の中には、甘い誘惑が飛び交っています。

最近では『1日5分で稼げる』といった迷惑メールなどもあるんですね。

そういったメールに登録すると、教材代としてお金を請求されたり、迷惑電話がやってきます。

最悪の場合は、詐欺バイトに知らない間に参加させられるケースも。

こういった『誰でも大金を稼げる』系の儲け話は完全に無視しましょう。

高校生にとってのNG行動

  • 学校に隠れてバイトする
  • 学生間でのお金の貸し借り
  • 闇バイト・詐欺バイト

高校の校則でバイトがダメでも諦めない!お小遣い稼ぎは可能

高校の校則で、バイトが禁止されていても諦める必要はありません。

まずは親や学校に、アルバイトの許可をもらえないかを相談してみましょう。

もし許可をもらえなくても大丈夫。

アンケートモニターやポイントサイトなどのポイ活は、スマホで取り組めます。

稼げる額は少ないですが、スキマ時間に取り組めるので学校生活にも影響はでません。

参考⋙高校生ができるお金稼ぎ【バイト以外】

コメント

タイトルとURLをコピーしました