バイトはテスト前いつから休むの?高校生がテスト休みするときの伝え方や断られたときの対応

高校生とアルバイト

高校生の間は、テスト前にバイトを休んだ方が良いです。

バイト優先で勉強ができず、成績が下がったら元も子もありません。

成績が下がって親からバイトを反対されると、説得するのも大変ですよね。

そこで今回は『高校生がテスト期間中にしたい働き方』を考えていきます。

  1. テスト期間のバイトの取り組み方
  2. テスト前にバイト休みをもらう方法
  3. バイトを休ませてもらえないときの代替案

テスト期間中にバイトを休む方法や、休めないときの代替案をお話しししますね。

ひどい成績をとってから後悔しないためにも、テスト前は勉強時間の確保を優先しましょう。

バイトはテスト前いつから休む?高校生が考える3つの選択肢

テスト期間が近づいてくると、テスト対策として勉強時間が必要になります。

そんなとき、アルバイトをしている高校生はどのような働き方をすればいいでしょうか。

ここでは3つの働き方について、おすすめ順にお話ししていきます。

① テスト前からバイトを休むのがベスト

男子高校生の疑問

理想的なのは勉強を優先して、テスト前にバイトを休むこと。

しっかりとテスト対策をして、学校の成績をキープするのがベストです。

高校生はアルバイトをするといっても、勉強や部活などの高校生活を優先するのが大前提。

成績が下がれば、親や担任から『バイトのせいなんじゃない?』と言われてしまいます。

そういった小言を言われないためにも、テスト対策の時間は確保する必要があるんですね。

事前に休みたいことを伝えれば、アルバイトを休むこと自体は問題ありません。

店長へ伝えるタイミングや言い方については、後で詳しくお話ししますね。

② バイトを休めないときはテスト期間中だけ減らす

高校生がバイトと学業を両立する

繁盛期や人手不足で、バイトを休めないときも対処法はあります。

それが出勤数を少しだけ減らすという方法。

例えば苦手な教科があるテストの前日だけバイトを休む。

またはテスト期間中だけバイトを休むけど、テスト明けはシフトを増やすなど。

もしくは他のバイトと協力し合って、シフトを交換するという働き方になります。

1ヶ月単位で見たら出勤数は変わらず、バイト代もキープできるのがメリット。

事前に少しずつテスト勉強をしていたら、何日もバイトを休む必要もありません。

③ テスト期間中にバイトを休まないときのリスク

高校生バイト代の使い道

一番おすすめできないのが、テスト期間中も通常通りバイトをするという働き方。

成績が下がって親からバイトを反対されたり、進路に影響がでる可能性もあります。

バイトを休んで給料が減るのが嫌なら、夏休みや冬休みに短期バイトを掛け持ちすることもできます。

なので最初は”①休む”と”②減らす”の、どちらかを考えた方が良いですよ。

高校生のバイト事情

  1. テスト前はバイトを休むのが理想
  2. 休めないときはシフトを減らしたりズラす
  3. そのまま働くのはリスクがある

高校生がバイト前にテスト休みをもらう方法

最初はテスト期間中に、バイトを休めないか交渉しましょう。

テスト休みをもらうコツは次の3つになります。

① テスト前にどれくらい休むか決める

テストのスケジュールを確認

まずはテスト前に、どれくらい休みが欲しいか日数を考えていきます。

テストの難易度などを見て休みたい日数を決めていきましょう。

一般的には試験が始まる1週間前から休めたら十分ではないでしょうか?

もしそうするならテスト期間1週間ほどあるので、合計で2週間ほど休むことになります。

このように、まずはあなたの100%の希望をハッキリさせることから始めます。

② テスト休みをもらう言い方とタイミング

バイト先の社員さんに相談

休みたい日数が決まったら、次は店長へ要望を伝えます。

シフトを管理している人に、メールではなく口答で相談しましょう。

伝えるタイミングは早ければ早い方が良いです。

早く相談すればシフトの調節がしやすいので、要望を聞いてもらいやすいですよ。

実際に伝えるときは混雑時は避けて、相手が暇な時間帯に話しかけます。

お疲れ様です。お時間よろしいでしょうか。

伝え方はシンプルに、ハッキリと主張するのがコツ。

突然で申し訳ありませんが、テストがあるので○日から○日までお休みをいただけないでしょうか?

嘘は言わずに『テストがあるから』と理由も添えます。

③ テスト中に休みやすい!バイト仲間との助け合いの関係

カフェでアルバイト

テスト休みをもらいたいときは、普段からバイト仲間と協力し合える関係を作っておくことが大切です。

例えば誰かがテスト休みをもらいたいとき、あなたが代りにシフトに入ってあげるなどですね。

お互いに協力関係を作っていれば、あなたがピンチなときも助けてもらえますよ。

バイト休みのもらい方

  1. 何日ほど休みたいか決める
  2. 店長にはできるだけ早く伝える
  3. 普段から協力し合える関係を作っておく

高校生でテスト期間中にバイトを減らす方法

ガッツリとバイトを休めたら理想ですが、そう思い通りにはいかないこともあります。

そこで現実的な方法になるのが『バイトを減らす』という働き方。

① バイトを休めないときは1日だけでも減らす

バイトと勉強の両立

テスト期間中にずっと休むのは、他の従業員の負担になります。

それが無理ならバイトを1日だけでも減らせないか交渉してみましょう。

例えば苦手な教科の前日だけは、バイトを休ませてもらうなどです。

成績が下がらない範囲内であれば、バイトと勉強の両立は可能。

普段から少しずつ勉強しておくことで、最小限の欠勤でテストを乗り切れるかもしれません。

② バイトのシフトをズラしてテスト勉強の時間を確保

2つ目の方法は、シフトを変えてもらうという方法。

出勤数はそのままでも、働く曜日をズラしてテスト勉強しやすいようにできます。

例えば翌日にテストがない、金曜の夜や土曜日に働くなど。

あとは得意な科目の前日などで、勉強時間が不要な曜日も働くこともできるかもしれません。

出勤数は変えずに、テスト対策しやすいようにシフトを変えれないか相談してみましょう。

ただ高校生の場合は深夜に働けないことがあるので、働く時間帯だけは注意してください。

参考⋙高校生は何時から何時まで働けるの?

③ バイト仲間と協力してシフトを入れ替える

バイト仲間と協力する

店長には断られたけど、バイト同士でシフトを変えることもできるかもしれません。

例えば違う高校で、テスト期間が微妙にズレている場合はチャンス。

お互いにテスト期間中に、シフトを交換してはいかがでしょうか?

バイト同士で話がついたら、店長も許可してくれるはず。

そのためにも普段から協力関係を作っておくのが大切なんですね。

バイトを休めないとき

  • 出勤数を減らせないか相談する
  • シフトをズラしてもらう
  • バイト同士で出勤する曜日を入れ替える

テストがあるのにバイトを休ませてもらえないとき

店長に相談しても、全くシフト調整に応じてもらえない

そんなときは次の3つの選択肢があります。

① 次からは3週間~1カ月前に伝える

バイト先への話し合い

直前に相談してシフト調整してもらえなかったときは、次から早めに伝えるように心がけましょう。

店長側も早めに相談をしてくれれば、シフト調節もしやすいはず。

次回のシフトが未定の段階で相談すれば、多少の変更はできます。

② シフトを増やしてから減らす

バイトを頑張る男子学生

バイト同士で協力関係を作るときは、まずあなたが誰かを助けることが大事。

誰かが体調不良だったり、テストで休みが欲しい時に率先して代わってあげます。

そうすることで次にあなたが大変なときに、周りが助けてもらいやすいですよ。

③ どうしてもテスト休みがもらえないならバイトを変える

高校生向けのバイト

早めに相談しても全く話を聞いてもらえないとき。

そんなときはバイトを変える勇気も必要になります。

高校生にとって大切なのは、アルバイトではなく勉強ですよね。

その勉強を優先させてくれない職場は、高校生向けとは言えません。

もっと高校生が働きやすい職場を探してはいかがでしょうか。

参考⋙高校生のバイトにおすすめ!働きやすい職場

休ませてもらえなかったときの対応

  • 次からは早めに相談をする
  • まず自分からバイト仲間を助ける
  • 聞く耳をもってもらえないときはバイトを変える

高校生ならテスト前からバイトを休むのが理想

テストが始まるときは、まずバイトを休めないか相談しましょう。

成績を下げるわけにはいかないので、理想はテスト期間中にバイトを休むこと。

それができないときも、出勤数を減らしたり、出勤日を移動させるなどで対応は可能です。

もし全く聞く耳をもってくれないときは、別のバイトを探した方が良いかも。

従業員の立場になって考えてくれない会社で働くのはキツイですよ。

参考⋙高校生のバイトでおすすめしない職場の特徴とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました