高校生なのにお金を使いすぎる?つい使ってしまうときに貯金するコツ

高校生とアルバイト

高校生の内から、ついお金を使いすぎる習慣を作るのは危険です。

たしかに友達との遊びなど出費が重なると、一瞬で金欠になってしまいます。

でもお金がない状態に慣れると社会に出たあとも、ずっと金欠状態から抜け出せない可能性があるんですね。

今回はそうならないための『高校生ができる金欠・浪費の脱出法』をお話しします。

  1. 高校生のお金事情
  2. お金がないときの臨時収入を得る方法
  3. 自然と貯金ができるお金の貯め方

この3つのポイントを抑えれば、財布を気にしながら過ごす高校生活から抜け出せます。

大人になってから、お金の使い方を変えるのは難しい。

なので今のうちから、お金との距離感や扱い方を知りませんか?

スポンサーリンク

高校生でお金を使いすぎはヤバい?平均値を知ろう

まずはあなた自身のお金の使い方が、一般の高校生のどれだけズレているか見ていきます。

平均値を知ることで、お金を使う許容範囲もわかりますよ。

高校生の1ヶ月の収入・1カ月に使うお金の平均

高校生のお金の使い方

SMBCコンシューマーファイナンスが実施したネット調査によると、高校生のお小遣いの平均は3902円でした。

そして貯金をしている高校生は全体の53%で約7万5000円。

一方で消費額については高校生の平均は約7000円となっていました。

使い道は「ジュース・お菓子」・「食事」・「趣味」「ファッション・コスメ」が多いとのこと。

お年玉などの臨時収入があるので、お小遣いより支出が多いのではと考えられます。

ただ1カ月7000円以上を使っているなら、お金使いが荒い可能性がありますね。

アルバイトをしている高校生は月に使うお金が増える

バイトをする高校生

もちろんアルバイトをしている高校生は、先ほどの収入と出費が大きく変わります。

タウンワークの調査によると高校生のバイト代の平均は3万円台。

1万円台から3万円台が半数を占めていることがわかりました。

なので出費もアルバイトをしていない高校生より多いと推測されます。

ついお金を使ってしまう高校生へ!やりくりするための2つの解決策

高校生バイト代の使い道

先ほどの2つの調査を見ると、解決策が見えてきます。

1つ目は収入を増やすこと。

アルバイトや在宅のお小遣い稼ぎをして収入を増やせば、出費を減らさずにお金が貯まります。

2つ目は出費を減らすこと。

使い道を制限して節約すれば、バイトをしなくても自然と貯金ができるようになります。

金欠の脱出方法

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす

この2つを実現する方法を今からお話ししますね。

まずはバイトや、バイト以外で収入を増やす方法について見ていきましょう。

高校生のお金事情

  • お小遣いの平均は約4000円
  • 出費の平均は約7000円
  • 貯金は約7万円
スポンサーリンク

高校生でお金ないとき!金欠を脱出するお小遣いの増やし方

お金を使いすぎて金欠になるとき、まずは収入を増やせないか見てみましょう。

アルバイトはもちろん、アルバイト以外にも臨時収入を得る方法はあります。

① 高校生が働きやすいバイトをする

高校生がバイトと部活を両立する

もしアルバイトをしていないのなら、これを機に検討してはいかがでしょうか?

上手に職場を選べば、社会人体験をしながら収入も増えます。

それに学校以外での出会いのチャンスもありますよ。

求人サイトで『高校生可』の条件指定をすれば、採用されやすい求人を見つけることができます。

実際に求人サイトを使う時は、お祝い金をもらえるサイトを利用するのがお得。

例えばマッハバイトという求人サイトなら、採用が決まったらお祝い金5000円~1万円がもらえますよ。

参考⋙マッハバイトで求人に応募してお祝い金を申請する手順を紹介

② 暇な1日だけ単発バイトを入れる

単発バイトのスケジュール

学校生活と両立できないから長期バイトは嫌だ

そんなときは1日だけ働く、日雇いの単発バイトがおすすめ。

土日など暇な1日だけアルバイトをして、臨時収入をゲットできます。

金欠なら単発バイトを入れ、貯金があるならバイトをしないで過ごす。

このように今の生活を崩さずに取り組めるのが、単発バイトのメリットになります。

あとは夏休みや冬休みに、短期バイトをするのも良いですね。

長期休暇にガッツリ稼げば、貯めたお金で学校生活を送ることができます。

単発バイトや短期バイトなら、高校生でも応募ができる求人がありますよ↓↓

参考⋙高校生のバイトにおすすめ!働きやすい職場

③ 自宅でお手伝いをしてお小遣いを増やしてもらう

家のお手伝い

学校でバイトが禁止されているので働けない

そんなときでも収入を増やすことはできます。

最初に交渉したいのが親御さんですね。

家の仕事を手伝う代わりに、お小遣いを増やしてくれないか交渉してみましょう。

お手伝いの例

  • 食後の食器洗い
  • 掃除
  • お風呂掃除
  • ペットの世話
  • 弟や妹の家庭教師

アルバイトはできないけど、家のお手伝いなら可能。

家の仕事を増やして、お小遣いを増やしてもらえないか相談してはどうでしょうか?

④ スマホのポイ活なら高校生でもできる

アルバイトが禁止されているなら、ポイ活はどうでしょうか?

ポイントを貯めて現金や電子マネー・ギフト券に交換すれば、自由に使えるお金を増やせます。

高校生が取り組みやすいポイ活と言えばアンケートモニター

アンケートに答えてポイントを貯めるという稼ぎ方になります。

1つのサイトに登録しただけでは稼げる額が少額なので、複数サイトに登録しましょう↓↓

参考⇒信頼性が高くて稼ぎやすいアンケートモニター5選

⑤ 家にある不用品をメルカリで売れないか調べる

メルカリで不用品を売る

ポイ活と並行して取り組みたいのが不用品販売です。

中古や古着を使えば、出費が減りますよね。

さらに販売ができれば、収入も増やせるチャンス。

なのでメルカリを使って、欲しいモノや売れるモノがないかを調べてみましょう。

ペットボトルのフタや、書き込んだ教科書など、今まで捨てていたものも売れるかもしれません。

このように高校生で収入を増やしたいときは、まずアルバイトが第一優先。

もしバイトが禁止されているなら、ポイ活やメルカリを検討すると良いですよ。

参考⋙高校生ができるお金稼ぎって何がある?

高校生の収入UP方法

  • アルバイトを始める(単発や短期も可)
  • 家の手伝いをしてお小遣いUP
  • アンケートモニターでポイ活
  • メルカリで不用品販売
スポンサーリンク

お金を使い過ぎる高校生が気を付けたい社会に潜む罠

高校生がやってはいけない行為もあります。

確かにお金は手に入るかもしれませんが、その後のリスクが大きい方法。

なので絶対に以下の2つのお金の増やし方は辞めましょう。

① 甘い言葉で誘ってくる闇バイトに注意

世の中には『1日5分で月100万稼げる』というような怪しい広告があります。

そういった仕事は詐欺なので近づかないようにしてください。

  • 登録料を払ったら連絡が取れなくなった
  • 迷惑メールや電話が鳴り響く
  • 高額の支払い請求がきた

このような被害に遭う可能性があります。

最悪なケースだと、知らず知らずのうちに騙されて闇バイトに加担するケースも。

高校生は一般のバイトでも深夜は働けないなど制限があります。

なので怪しい求人にも特に注意したいですね。

考⋙高校生はバイトを何時までできるの?

② 友達にお金を借りるのはダメ!貸し借りは人間関係にヒビが入る

金欠学生

金欠だからと、同級生にお金を借りるのも辞めましょう。

お金の貸し借りは、親子関係であってもデリケートな問題になります。

それを同級生で行うと、関係が気まずくなったり喧嘩の原因になるかもしれません。

あなたの信用を失うこともあるし、少なくとも良い方向にはいかないので要注意。

NGなお金の集め方

  • 詐欺バイトに応募する
  • 怪しいバイトを手伝う
  • 誰かにお金を借りる
スポンサーリンク

高校生がお金を使いすぎないために!自然にお金を貯める方法

収入を増やす方法を考えたあとは、出費を減らす方法について。

次の2ステップを踏めば、自然とお金が貯まるようになりますよ。

① お金が増えたら先に貯金するのがやりくりのコツ

お金を貯められない人には共通点があります。

それが『節約して余ったお金を貯金しよう』としていること。

これだと欲しいモノや遊んでいるときについ浪費して、お金は貯まりません。

ではどうすればいいかというと、先に貯金をするんです。

バイト代やお小遣いをもらったら、まず収入の一部を貯金する。

そして余ったお金で1ヶ月をやりくりしていくんです。

これならお金が貯まらないという状況にはなりません。

できれば口座を作って親に管理してもらうなど、自分で引き出せないような貯金がおすすめ。

貯金箱に入れとくだけだと、誘惑に負けてついお金を出してしまいますからね。

② 残りのお小遣いの範囲内で暮らす!お金を使わない方法はある

学生カップルの散歩デート

余ったお金でやりくりするために必要なのが、『お金を使わないで楽しむ意識』

趣味や交際費など我慢するだけだとツライし、友達との思い出も作れません。

そうではなく、できるだけお金を使わないで楽しめる工夫を考えた方が良いです。

お金をかけない遊び方

  • ショッピングモールでデート
  • 友達と自転車で遠出する
  • オンラインゲームのアプリをする
  • 誰かの家に遊びにいく

服やゲームなどの趣味は、先ほどのメルカリを活用しましょう。

安く買えますし、処分する時も捨てずに売ることができますよ。

お金を貯める方法

  • まず先に貯金をする
  • 余ったお金でやりくりをする

高校生のうちにお金の使い道を考える習慣をつけておこう!

高校生だと遊びや趣味で、ついついお金を使いすぎてしまいます。

そんなときは2つのルートから対応していきましょう。

まず1つ目は収入を増やせないか考えること。

理想はアルバイトを始めることです。

単発や短期のバイトなら、高校生活にも支障なく働けますよ。

またアルバイト以外にも家の手伝いを始めたり、ポイ活などで収入は増やせます。

2つ目は支出を減らせないか考えること。

お小遣いやバイト代が入ったら、まず先に貯金をします。

そして残ったお金で1ヶ月を過ごす方法を考えていきましょう。

金欠に困っているなら、この2つの両方に取り組めば解決できます。

学校でバイトを禁止されていないなら、アルバイトをするのが確実ですね

参考⋙高校生におすすめしないバイトの特徴とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました